Webフォームに必要な機能と今後

WEBフォームに求められる機能と今後の動向WEBフォーム作成
この記事は約4分で読めます。

Webフォームのさまざまな機能

インターネット上での商品購入や申込みの際に使われているWebフォーム。

WEBフォームには、使い勝手を良くしセキュリティ確保のためにSSL暗号化通信・データベース暗号化機能、自動メール返信機能、重複申込み禁止設定機能などが基本機能として備わっています。

Webフォームでは、通常、氏名や住所、電話番号など個人情報を打ち込むことが多いため、入力データを暗号化して送信する機能は必要不可欠といえます。

さらに、データベースに情報を保管するときの暗号化は、より高度なセキュリティ対策になります。
一連の動作を作成し事前に検証を行っておけば、ヒューマンエラーによる情報漏洩の心配もありません。

また、Webフォームから送られた場合に、入力されたメールアドレスに対する自動返信機能も一般的です。

Webフォームから送信した顧客は自分の情報が相手に届いたか不安に感じるものですが、企業として個々の内容に「応答確認」をメールするのは非常に工数がかかります。

そこで、業務の効率化のため自動返信機能は必須機能といえます。
また、自動返信メールには、顧客が待たされる時間を短縮し顧客満足度を向上させる効果もあります。

一方、Webフォームに記載された住所や用件から自動的に内容が担当者に伝わるようにフィルタがかけられていれば、よりスムーズな対応ができます。
たとえば、住所でフィルタをかけて、その住所の担当者とリアルタイムに情報共有できるようにすることで契約締結率の向上につながります。

申し込みの重複チェックも工数を必要とする作業です。
そのため、Webフォームで メールアドレス をはじめとするフォーム入力情報の重複登録のチェック機能も必須機能となります。

新規顧客獲得に繋げるWebフォーム

多機能WEBフォームで顧客獲得を差別化できます。
新規顧客獲得につなげる多機能WEBフォーム

期間限定・数量限定で表示させたい場合、公開条件を設定した期間限定・数量限定のキャンペーンフォームを立ち上げることができます。

希少性は購買意欲を高める要因なので「限定」とつく商品に消費者は興味を惹かれる傾向にあります。
そのため、イベントごとに作成するwebフォームは単なる連絡手段を超えて、マーケティングのツールとしても活用できます。

さらに、多機能WEBフォームでは、CGI・HTMLなどの専門的な知識がなくてもWebフォームのデザインやカラーを直感的に変更して、より人々の興味を引きやすいものに変更することも可能です。

そのほか、パソコンやスマホ、タブレットなどデバイスを問わずに利用できるレスポンシブ対応はUI/UXを向上し新規顧客の獲得につながりやすくお勧めといえます。

多機能Webフォーム作成サービスの今後

クラウド機能を利用し多機能化するWEBフォーム
クラウド機能を利用し多機能化するWEBフォーム

フォーム作成はクライアント側でのHTMLやCSS、サーバー側でのCGIに関する専門的な知識があれば、特定の業務にカスタマイズされた高度なWebフォームを作ることが出来ます。
しかし、専門的知識や作成工数がない場合がほとんどです。
その場合に利用したいサービスが多機能Webフォーム作成サービスです。

多機能Webフォーム作成サービスを利用すれば、さまざまなテンプレートから資料請求、アンケートなど用途に応じて選び、簡単な設定を施すだけで短時間でWebフォームを作成することができます。

多機能Webフォームは、単に情報を入力・送信するだけのツールというより販促や顧客管理を行うマーケティングツールといえます。

Webフォームのアクセス解析により、より詳しく顧客情報を収集・解析することもできます。
求められる基本的な内容は、情報の登録・集計・管理で変わりませんが、マーケッティングや顧客管理をより効率的に行うための機能は必須機能として開発されています。

チャットボットを利用したフォーム入力サービスも多くなってきています。選択肢を選ぶだけでなく会話を通して、より自然に顧客とのコミュニケーションを図りながら情報入力を勧めていく機能を持つ多機能Web作成サービスも多くなってきています。

今後は、APIによるクラウドファンクションを利用した独自サービスを持つ多機能WEBフォームも増えてくることが考えられます。

タイトルとURLをコピーしました