売掛金の消込処理の重要性

売掛金回収は、資金繰りを円滑に行う上で重要な作業となります。
売掛金が正確に回収できているかどうかを把握するためには、売掛金に対して相手企業からの入金状況を常時把握していおく必要があります。この売掛金(債権)に対する入金状況の対応をとる作業を「消込処理」といいます。
取引先企業が多岐に分かれる場合や請求金額と入金額に相違がある場合、入金が異なる名義で行われる場合、請求処理に対する入金方法(決済方法)が異なる場合などがあり、手作業で消込処理を行っていたり消込処理の間隔が長かったり、集中したりすると事務処理の負担が増大します。

弊社においては、現在消込処理に関するサービスは未提供となっていますが、銀行での売掛金消込サービスの他、中小企業向けの消込処理専用のパッケージソフトウェアやクラウドサービスが多く発表されています。

売掛金の回収漏れを効率よく行う一助として検討されてみてはいかがでしょうか?