売掛金の未収が多い業種

売掛金の多い業種には、商社、問屋・卸売業、製造業、建設業、広告業などがあります。
売掛金の未払いの理由としては、納入した商品や、サービス、施工内容へのクレームが多く、当初から契約内容通りに”支払意志”が有ったのかどうか疑問がある場合も少なくありません。
しかし、今後の取引の継続のことを考えると無用なトラブルは避けたものです。また、売掛金が少額であった場合は、少額なるがゆえに未払い状態が続き、結局、消滅時効となってしまう場合も多くあります。
たとえ、少額な売掛金であっても未回収分が累積してしまうと資金繰りに影響が生じてしまいます。当然、社内での営業と経理の連携と取引先ごとの売掛金の管理の徹底は必要ですが、取引先が支払いを渋る、無視する場合は何らかのアクションが必要となります。

少額な未回収の売掛金回収に力を発揮します!

少額な未回収売掛金が多岐の企業にわたる場合、回収のためのコストと時間・工数が回収する金額と見合わない場合も多くあります。
このような場合、月額3,000円の低価格で、一括して複数の未回収先へ独自の形式で請求書を再発行するAPサービスは力を発揮します。
常時、未回収の売掛金が累積してしまう企業様は、是非一度、売掛金回収フローの流れの中に当社のサービスをご利用ください!

【お問合せ・資料請求】

少額な未収売掛金の回収に力を発揮致します