個人起業家の資金繰りにおける注意点

個人起業家は事業経営に関するすべてのことに目を配らなければなりません。

しかし、自らの能力とリソースには限りがあるため、今何をすべきか、常に優先順位を意識する必要があります。

その中でも一、二を争うのが資金繰りと営業です。

まず、資金繰りが大事な理由として、資金が枯渇する時は起業の失敗が確定する時です。

一方、起業当初は自己資金に加え投資家から資本を集めたり、銀行から借り入れたりすることで当面の必要資金を賄いますが、事業として存続するためには、提供するサービスや商品を売らなければいけません。

そのため、起業家としては顧客への営業に多くの時間を割く必要があります。

売上を迅速に伸ばしながら資金の不安もなくすのに最も良い方法、それは売る前におカネをもらうことです。

個人起業家としては、まずそのようなビジネスモデルの構築を考えるべきです。

しかしながら、消費者への直接販売ではなく、企業向けの商売で商慣習等により先払いモデルが困難な場合には、いったんは売掛金として計上した後回収を図らねばなりません。

後払いかつ支払いサイトが長い場合、回収までの間の支出を賄う資金を確保しておく必要があります。

そうでないといわゆる「黒字倒産」という形で、売上が上がり損益上は利益が出ているのにも関わらず、支払手形の不渡りにより倒産、という憂き目を見る可能性が生じてしまいます。

また、積極的な営業により顧客を増やすのはよいとしても、与信管理や入金確認には手間がかかり、そのような煩雑な業務に手間をとられているうちに、肝心の営業に時間をさけなくなってしまうリスクがあります。

さらに、必ずしも約束通りに支払ってくれる顧客ばかりとは限りません。請求書再発行や粘り強い支払い督促が必要になることもしばしばです。

このような問題を解決する方法として、売掛金回収の外注があります。

これにより請求管理だけでなく代金回収の不安がなくなれば、一つの成功への施策といえるでしょう。

請求書再発行の外注化による自社工数の削減と売掛金回収率を向上をサポートするエーピーサービス

期限切れ請求書の再発行を第三者を経由することにより、売掛金の回収率は改善する方向に向かいます。

取引先企業に常習的な支払い延滞がある場合は、資金循環の滞りに加え消滅時効を避けるためにも請求事実を残す必要があります。

エーピーサービスでは、営業活動を圧迫する請求書再発行処理を代行することで売掛金の高い回収率の実現を低価格で実現することで、少人数法人企業様や起業したばかりの個人事業主様をサポートいたします。

少額売掛金回収代行サービス 中小零細企業向け