アカウント課金なしで使える1日5円の多機能メールフォームがリリース 簡単につくれて売り上げアップ

google script スプレッドシートからのフォーム作成~6

GAS 公式サンプルコードの理解Google Apps Script
この記事は約5分で読めます。

回答者の受講予定を設定

回答者の受講予定をカレンダーに設定し、受講予定ドキュメントを作成する。

sendInvites_関数

フォーム回答者が選択したすべての講義をカレンダーに設定します。
user:名前とメールアドレスを含むオブジェクト
respons:ユーザーが選択した講義データーの配列

 /**
 * Add the user as a guest for every session he or she selected.
 * @param {object} user An object that contains the user's name and email.
 * @param {Array<String[]>} response An array of data for the user's session choices.
 */
function sendInvites_(user, response) {
  var id = ScriptProperties.getProperty('calId');
  var cal = CalendarApp.getCalendarById(id);
  for (var i = 0; i < response.length; i++) {
    cal.getEventSeriesById(response[i][5]).addGuest(user.email);
  }
}

getCalendarByIdメソッド:カレンダーIDからカレンダーオブジェクトを取得。getEventSeriesByIdメソッド: 指定されたIDのイベントオブジェクトを取得。

sendDoc_関数

フォーム回答者の受講日程のgoogleドキュメントを作成する。
user:名前とメールアドレスを含むオブジェクト
respons:ユーザーが選択した講義データーの配列

 /**
 * Create and share a personalized Google Doc that shows the user's itinerary.
 * @param {object} user An object that contains the user's name and email.
 * @param {Array<string[]>} response An array of data for the user's session choices.
 */
function sendDoc_(user, response) {
  var doc = DocumentApp.create('Conference Itinerary for ' + user.name)
      .addEditor(user.email);
  var body = doc.getBody();
  var table = [['Session', 'Date', 'Time', 'Location']];
  for (var i = 0; i < response.length; i++) {
    table.push([response[i][0], response[i][1].toLocaleDateString(),
        response[i][2].toLocaleTimeString(), response[i][4]]);
  }
  body.insertParagraph(0, doc.getName())
      .setHeading(DocumentApp.ParagraphHeading.HEADING1);
  table = body.appendTable(table);
  table.getRow(0).editAsText().setBold(true);
  doc.saveAndClose();

  // Email a link to the Doc as well as a PDF copy.
  MailApp.sendEmail({
    to: user.email,
    subject: doc.getName(),
    body: 'Thanks for registering! Here\'s your itinerary: ' + doc.getUrl(),
    attachments: doc.getAs(MimeType.PDF)
  });
} 

DocumentAppクラスを参照。
create(name):nameで指定された新しいドキュメントを作成。
addEditor:ドキュメントのエディ―タ―リストにemailを登録し編集可能にする。
getBody: アクティブなドキュメント本体を取得。
insertParagraph:ドキュメント名(段落)をドキュメントの指定場所に挿入する
setHeading:ヘッディング属を設定
appendTable:ドキュメント本体にテーブルを追加する。

TABLEクラスTextクラスを参照。
getRow(0):0行目
editAsText:テキストオブジェクトとして取得
setBold(true):bold(太文字)に設定

Documentクラス参照
saveAndClose:ドキュメントをクローズする。

MailAppクラス参照
sendEmail(recipient, subject, body, options) :
recipient :mailアドレス
subject :件名
body :メール内容
options : attachments bcc cc htmlBody inlineImages name noReply replyToが選択可能。

タイトルとURLをコピーしました