取引の継続と売掛金回収

長年取引のある取引先からの支払期限を過ぎての売掛金回収は、今後の取引を考えても穏やかな方法で行いたいものです。
入金が遅れた原因を調査することが第一ですが、「少額な売掛金だから払わない」などのように、理由に正当性が無い場合は、やはり売掛金の督促作業を行う必要があります。
自社での請求書の再送、お電話での交渉、相手先企業へ出向いてのお話し会いなど 売掛金回収にかかる工数やコストは、結構な負担となってきます。これが複数にわたるとさらに負担が増大します。
また、長年取引のある取引先に対していきなり内容証明郵便による督促通知や少額訴訟など法的な手段をとることも今後の取引に影響します。

APサービスの請求書再発行代行サービス

このような場合、APサービスの請求書再発行代行サービスがお役にたちます。売掛金の回収フローとして組み込むことで、AP会員様の作業工数を低減することが出来、かつ、相手企業様へも売掛金回収に対しての本気度を伝えることが出来、回収率も向上致します。

APサービスの売掛金回収代行は、AP会員様からの請求書再発行依頼(書式は自由で、複数・まとめて送付頂くことも可能で、工数・コストの削減につながります)に基づいて請求書の再発行代行を行うシステムです。弊社で、長年培った手順によりこの段階の弊社を経由しての請求書再発行でかなりの高回収率が期待できます。

低価格の月額固定料金でご利用可能なAPサービスに是非ご加入ください。
少額な売掛金の未収分を回収致します