売掛金未払いの理由と請求書再発行の有効性

中小企業間での少額な未回収の売掛金は、相手企業が支払えない状態の場合もありますが、その多くは、

①少額な売掛金ゆえに「故意に支払わない」

②相手企業担当者の処理漏れ、書類の滞り

③返品や製品クレームなどによる支払遅れ などがあります。

このような状況では、「請求書の再発行」による請求で、売掛金が回収できる場合が多くあります。 特に、上記の①の様な場合では、第三者を通しての請求書の再発行は効果があり、相手企業と明確な対立関係となってしまう場合がある内容証明郵便の送付や法的な手段をとることなく売掛金の回収がスムーズに行われる可能性が高くなります。

AP会員様 請求書再発行による売掛金回収の有効性

APサービスでは、AP会員企業様の請求書の再発行代行を第三者企業として行うことにより、売掛金の回収率向上に貢献いたします。 (回収ができない場合は、無料。回収ができた場合の封筒、郵送料の実費は相手企業負担とする為、AP会員様負担は実質無料となります。)

「売掛金回収にコストをかけられない。」
「相手方企業とも関係をを損なうことなく関係を維持したい。」
などお考えの企業様には有効な回収手段となります。

APサービスの請求書再発行システムは、豊富な経験により培われた請求書の発行代行システムです!

未回収売掛金が資金繰りに影響を与える状況となる前に、一度、APサービスの請求書再発行代行をご検討ください。

お問い合わせ・資料請求よりお気軽に資料請求・お問い合わせください。

売掛金回収に独自の技術で対応致します。