少額な売掛金回収フローとしてのAPサービスを通しての請求書再発行

売掛金の請求書を発行しても取引相手企業から期限内に入金が無い理由には、様々な場合が有り、未払い理由を見極めて早期のアクションが必要です。

1.相手企業の資金繰りが上手くいっていない。
この場合、今後、未入金分の売掛金を支払いできる状態であるのか、支払能力がすでにないのかを見極める必要があります。
他の企業には、支払を行っている場合などでは、支払の優先順位をさげられている場合もあります。

2.納入した商品やサービスに対して相手企業が満足していない。クレームをあげてくる。
正当な理由であるかどうかを見極める必要があります。
正当な理由である場合は対応が必要ですが、単に売掛金の値引きや支払期限の延長を目的とした手段の場合も多くあります。

3.少額な売掛金の場合、特に支払わないで済まそうと考えている。
相手企業や社内担当者の倫理上の問題も多くあります。

4.相手企業内での支払処理の滞り。
請求書の紛失や相手企業内での事務処理が滞っている場合があります。

AP請求書の再発行で入金を行わせるノウハウ

APサービスの”第三者を通しての請求書再発行処理”は、法的な請求を行う前の手段として、長年培ってきた請求書形式と第三者経由により未払いの相手企業に対して緊張感を与え、上記の未払い状況を改善する方向に向かわせることが可能です。

期限切れの未回収売掛金の回収フローの一環として、”APサービスを通しての請求書再発行による売掛金回収サービス”を組み込んでみませんか?

売掛金 未払い企業に様々な角度から警告を発し、入金義務を認識させます。