債権管理状態の把握

売上債権回転率と売上債権回転期間の値により、債権管理の状態を把握し、資金繰りへの影響を早期に把握する必要があります。

売上債権回転率と売上債権回転期間は、流動資産(現金、預金、受取手形、売掛金)のうちの売掛金と受取手形の各売上債権と売上高の比から算出することができます。

売上債権回転率

売上債権回転率とは、売上高を売上債権で除して求められる数値のことです。ここでいう売上高とは、純売上高のことで、総売上高から値引きなどを差し引いた売上高のことをいいます。また、上げ売上債権とは、売掛金と受取手形を合計したものとなります。

売上債権回転率=売上高÷売上債権(売掛金+受取手形)

ここで売上高に対して、売上債権(現金化されていない債権)の額が小さいと、売上債権回転率は高くなり資金の回収が良好であること示します。また、売上高に対して、売上債権(現金化されていない債権)の額が大きくなると売上債権回転率が小さくなり資金の回収が悪化している可能性があります。

売上債権回転期間(日)

売上債権回転期間とは、売上債権(売掛金と売上手形の合計)を1日当たりの売上高で除した値となります。ここで、1日当たりの売上高とは、年間の売上高を365日で除した値のことです。

売上債権回転期間(日)=売上債権÷1日当たりの売上高

売上債権に対して1日当たりの売上高が大きいと値は小さくなり、資金の回収が早く行われていることを示しています。これに対し、売上債権回転期間の値が大きくなると資金の回収が遅いことを示すこととなります。

APサービスでは、売掛金などの債権回収の他、経営分析に関する情報も配信致します。