売上債権対仕入債務比率

短期的な流動性分析としての流動比率、当座比率の他に、売上債権対買入債務比率があります。

売上債権対買入債務比率は、下記の計算式で表されます。

売上債権対買入債務比率=売上債権(受取手形+売掛金)/買入債務(支払手形+買掛金)×100

この値は、売上債権(受取手形+売掛金)の合計額で、買入債務の合計額の支払いが出来る割合を示す一方、取引企業の信用度(売上債権(受取手形+売掛金)の額)と、買入側企業の信用度(買入債務(支払手形+買掛金)の額)の割合を表します。

また、売上債権対仕入債務比率は、一般的に100%以下の値であることが望ましいと考えられています。

少額な売掛金の回収・信用調査・支払遅延企業情報速報を低価格で提供