広がる小規模ビジネスでの起業

労働環境の変化が言われ始めて長くたちますが、雇用する側の雇用意識変化に伴い、最近になって雇用される側も過去の労働形態の呪縛から解放されつつあるように見受けられます。

会社化、法人化はさることながら個人事業主として様々な形態をとって会社という枠から出て起業する方が多くいます。

政府の統計発表の新規開業率は4%半ばで横ばい。欧米に比べ半分と低調ですが、性別、年齢を問わず個人や少人数での起業の広がりが感じられます。

小規模ビジネスでも収益体質の強化を考える

日本経済の好調さを演出しているのは、大企業の不断の努力が背景にあることはまぎれもない事実です。大企業でさえ、刻一刻と変化を遂げる現代社会の中で、必死に生き残りをかけた戦いに挑んでいるのです。

小規模ビジネスでの起業でも、ビジネスを行う上からは同じ土俵で勝負をするわけですから収益体質の強化を意識した努力が必要です。

収益体質化する為には、適材が収益を上げるコア業務に集中できる環境づくりが必要です。

その為に、取り組む課題は多くありますが、その一つは、コア業務以外の外注化(アウトソーシング化)により、固定費を変動費化しコア業務に集中しつつ経費抑制を図ることです。

アウトソーシングアウトソーシング化とは、それぞれの部門にまつわる仕事を丸ごと他社に委託するものであり、既存の大企業においても、多くの企業が活用しています。

アウトソーシング化で、強い分野をとことん強化するという流れが出来上がってきているのです。

その中で、営業を一手に受ける会社や製造開発を専門に請け負う会社などが大きな注目を集めています。

小規模ビジネスでの起業でも利用可能なサービスは徹底的に利用し、コア業務に集中しビジネス展開を上手くしていくことが求められます。

エーピーサービスは経費をかけず売掛債権の回収を強化し、請求業務を軽減できます

売り上げが上がっても回収出来なければ利益にはなりませんし、発生主義における課税制度では、重い負担になる場合もあります。

しかし、売り上げを上げる為にはコア業務に労働を集中する必要があり売掛債権の回収に時間や労力をかけることはできません。また、回収にかける経費の増大も防ぎたいものです。

エーピーサービスは、超低価格の会員制の売掛債権回収代行サービスを行っています。

一般的なサービサー(債権回収会社)とは異なり、あくまでも支払い期限が過ぎた取引先に対する請求書再発行業務を独特な手法で代行することにより、請求業務量の低減と売掛債権の高い回収率を実現しています。

高い回収率と表現するのは、法律上 債権回収会社としては活動はしないことを意味しています。それでも、ご加入頂きました会員様からは大きな評価を頂いております。

現在、エーピーサービスを利用できる会員への登録は、初期費用15,000円 月額費用3,000円となっております。

この機会に是非、ご加入しサービスの有効性をお試しになることをお勧め致します。

価格もお安くご利用出来ます!