売掛金と買掛金の相殺

自社が相手企業に回収期限が切れた売掛金を有し、相手企業が自社への売掛金(自社が負担している買掛金)を有する場合、現金の動きなしで互いの債権を清算する方法を相殺といいます。

相手企業に対する売掛金の回収期限が切れている場合、自社が相手企業に対しての買掛債務を有している場合は、売掛金と買掛金の相殺は、売掛債権を減らす一つの有効な手段として考えられます。

この売掛金と買掛金の相殺は、売掛金の支払期限が過ぎていれば、買掛金は支払期限になくとも相殺することができますが、相殺できる売掛金・買掛金は金銭など同種の債権である必要があります。

この相殺処理は、原則的に、相手企業に対する内容証明郵便などによる一方的な意思表示だけで行うことが出来ますので、売掛債務を減らす有効な手段の一つとして利用できます。

エーピーサービス内容証明郵便サービス

エーピーサービスは、内容証明郵便サービスをオプションとして提供しております。円滑な売上債権回収に是非ご活用ください。