売掛金元帳

売掛金を確実に回収するには、当然、売掛金の管理が大切になります。
総勘定元帳での売掛金の勘定項目では、すべての取引先の売掛金が合計された値として記載される為、取引先ごとの売掛金の区別がつかず、売掛金の回収漏れにつながる可能性があります。このため、総勘定元帳の補助簿として取引先ごとに使用されるのが売掛金元帳(得意先元帳)です。
この売掛金元帳に基づき、売掛債権の対象となる得意先に確実に請求書を発行し集金することが大切です。

請求書の再発行

得意先の処理の遅延や間違い・故意に支払いを延期したり、クレーム等で集金が困難になり、一回の請求書の発行で回収できない場合もおおくあります。
APサービスは、AP会員様からのご依頼により、請求先が多岐に渡った場合でも請求先をファイル等で一括して頂くことにより、売掛金の回収率の高い独自フォーマットの請求書を迅速に再発行いたします。
請求書を送付しても売掛金が回収出来ないお悩みをお抱えなら、是非、APサービスの請求書再発行システムをおためしください。