アカウント課金なしで使える1日5円の多機能メールフォームがリリース 簡単につくれて売り上げアップ

googleフォームの機能拡張

Google Apps Scriptの利用Google Apps Script
この記事は約2分で読めます。

Google Apps Script(GAS)の利用

googleが提供しているJavaScriptベースのアプリケーション開発プラットフォームのGoogle Apps Script(GAS)を利用することで、googleフォームに 新しいカスタムメニューを追加したり、収集してGoogleスプレッドシートに保存したデーターのワークフローを自動化するなどの機能を拡張することが出来ます。

Google Apps Scriptは、フォーム以外に Gmail 、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどG Suite の機能拡張ができるツールです。
公式サイトは、下記になります。

Apps Script  |  Google Developers
Create add-ons for Google Sheets, Docs, Slides, or Forms, automate your workflow, integrate with external APIs, and more.

google公式サイト GAS入門

公式サイトでは、コードラボ(Appsスクリプトの基礎)がGAS入門のはじめです。

Appsスクリプトの基本プレイリストという簡単な5つのコースでGoogleスプレッドシートを使用したAppsスクリプトの基礎が学べます。

  • 基礎#1:マクロとカスタム関数
  • 基礎#2:スプレッドシート、スプレッドシート、範囲
  • 基礎#3:データの操作
  • 基礎#4:データのフォーマット
  • 基礎#5:スライドのグラフと現在のデータ

簡単なコースなので、初めての方はこのコースはとりあえずやっておきましょう。

5つのコースを終了したら、googleフォーム作成に役立ちそうな学習コースを探して取り組みます。

公式サイトでは、とりあえず以下のコースがお勧めです。

Quickstart: Managing Responses for Google Forms  |  Apps Script
Extending Google Forms with Add-ons  |  Google Workspace Add-ons

公式サイト以外でもgoogleフォーム改造に関しては多くのサイトで紹介されているので、探してみることをお勧めします。

以下のページなどがお勧めです。

[GAS] Google フォームに回答が送信された時Slackに送信する - Qiita
Googleformからのslack通知設定方法 - Qiita Google フォームに回答があったときSlackに回...
GASでGoogleフォームに追加できる質問の種類とそのメソッドまとめ
GASでGoogleフォームを作成する方法についてお伝えしています。ということで、今回は* Googleフォームの質問の種類と、そのオブジェクト名、そしてそれらを作るGASのメソッドをまとめて紹介します。
【GAS】自動返信機能付きGoogleフォームの作り方
無料で簡単にフォームを作れるGoogleフォーム。問い合わせや申し込みの受付時に自動返信機能があったら嬉しいですよね。本記事ではGoogle Apps Scriptを使ってGoogleフォームに自動返信機能を設定する方法を解説しています。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました