固定長期適合率

長期にわたって保有し現金化あるいは収益をもたらす固定資産を、長期間(1年以上)返済義務が発生しない固定負債と返済の必要のない自己資本の和で除した値のことです。

計算式は、 固定長期適合率 = 固定資産 / (固定負債 + 自己資本) ×100 (%) で表します。

この値が、100%以下であれば、長期に渡って保有する固定資産が、長期にわたって安定した負債と返済が不要な資本でカバーできていることを示し、安定した経営が出来ている判断となります。

逆に、100%を超える場合は、不足部分に短期の返済義務がある流動負債が使われていることになり、経営上問題があると判断できます。