アカウント課金なしで使える1日5円の多機能メールフォームがリリース 簡単につくれて売り上げアップ

講習会参加申し込み自動化GASサンプル2(セクション分け)

セクション作成GASサンプル
この記事は約4分で読めます。

学生と社会人入力でセクションを分ける

本来、講習会参加申し込みには学生と社会人の区分が有ります。
それぞれにフォーム入力項目が異なるので、学生と社会人の確認を行い回答に応じて入力をセクションを分けてみます。

googleフォームで動作を設定するイメージです。

ラジオボタンの回答に応じてセクションを移動
回答に応じて移動するセクション

学生と社会人の入力条件

学生 参加 の場合以下の情報が必要になります

  • 学校名
  • 顧問名
  • 顧問メールアドレス
  • 顧問電話番号

社会人参加の場合以下の情報が必要になります

  • 職業
  • 会社名
  • 本人メールアドレス
  • 本人電話番号

GASでラジオボタンの回答に応じで移動先セクションを変える

以下を変形して機能を追加する。

function doopen() {
 var form = FormApp.create('分岐テスト');
 var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
 form.setDestination(FormApp.DestinationType.SPREADSHEET, ss.getId());
 var item = form.addMultipleChoiceItem();
 Logger.log('学生');
 var student = form.addPageBreakItem().setTitle('学生');
 var stu = item.createChoice('学生', student);
 form.addTextItem().setTitle('学校名').setRequired(true);
   form.addTextItem().setTitle('顧問名').setRequired(true);
   var validationEmail = FormApp.createTextValidation().requireTextIsEmail().build();
  form.addTextItem().setTitle('顧問メールアドレス').setRequired(true).setValidation(validationEmail);
   var validationphone = FormApp.createTextValidation().requireNumber().build();
  form.addTextItem().setTitle('顧問電話番号').setValidation(validationphone); 
   form.addTextItem().setTitle('学生その他');
   student.setGoToPage(FormApp.PageNavigationType.SUBMIT);
 var society = form.addPageBreakItem().setTitle('社会人');
  var soc = item.createChoice('社会人', society);
   form.addTextItem().setTitle('職業').setRequired(true);
   form.addTextItem().setTitle('会社名').setRequired(true);
   var validationEmail = FormApp.createTextValidation().requireTextIsEmail().build();
  form.addTextItem().setTitle('本人メールアドレス').setRequired(true).setValidation(validationEmail);
   var validationphone = FormApp.createTextValidation().requireNumber().build();
  form.addTextItem().setTitle('本人電話番号').setValidation(validationphone);
   form.addTextItem().setTitle('社会人その他');
 society.setGoToPage(FormApp.PageNavigationType.SUBMIT);
 item.setChoices([stu, soc]);
 }
タイトルとURLをコピーしました