売掛金の回収形態

売掛金を回収する形態には、

  • 現金で回収する
  • 小切手で回収する
  • 銀行振り込みで回収する
  • 受取手形で回収する
  • 相手企業の買掛金と相殺する

があります。

上記の売掛金の回収形態に応じて各仕訳帳に仕訳し、得意先ごとに設けられた補助簿のひとつである売掛金元帳(得意先元帳)へ記入します。また、売掛金の回収形態に応じたそれぞれの補助簿は、

  • 現金、小切手で回収=>現金出納帳
  • 銀行振り込みで回収=>当座預金出納帳
  • 受取手形で回収=>受取手形記入帳
  • 買掛金との相殺=>買掛金元帳(仕入れ先元帳)

となります。

得意先との残高照合による確認

売掛金残高は、得意先ごとの買掛金残高となりますので、可能であれば定期的な照合をすることが売掛金の回収漏れ防止につながります。