公正証書の効力

公正証書は、当事者が相手方(取引先企業など)との合意に基づいた契約を、公証役場において「公証人」が作成する文書です。
公正証書の文書内に、”契約違反などがあったときは強制執行をされても異議がないものとする”という条項(強制執行認諾約款)が盛り込まれている場合は、裁判を経由せずに売掛金などの債権の回収(強制執行)を行うことができます。

公正証書による売掛金の回収

相手企業との取引状況によっては、取引契約時に作成しておくと作成時点ですでに売掛金などの債務を回収できる権利を得られることとなります。
また、相手企業からの売掛金の入金が遅れた場合、相手企業と支払能力などの話し合いがつけば、強制執行認諾約款の盛り込まれた公正証書を作成することで売掛金などの債権回収の強制執行が可能です。