貸し倒れについて

貸し倒れとは、取引相手企業への売上債権や貸金が回収できない状態になることを言います。

貸し倒れ引当金(評価性引当金)

この相手企業に対する債権(売掛金や受取手形、未収金、貸付金)が取引不能で回収不可能になる場合に備えての引当金(将来的に損失が見込まれる金額:評価性引当金)が貸し倒れ引当金で、この評価性引当金は、必要経費として計上でき貸借対照表の資産の部にマイナス(評価性引当金)として計上されます。

貸し倒れ引当金の妥当な額は、企業会計原則(企業会計制度対策調査会が制定した企業会計原則の基準)の注解18に以下の4つの引当金要件が記載されています。

①将来の特定の費用又は損失。

②発生が当期以前の事象に起因。

③発生の可能性が高い。

④金額を合理的に見積ることができる。

負債性引当金

引き出し金には、評価性引き出し金以外に、今後発生する支出に関する引き出し金として負債性引当金があり、下記の項目があります。

①賞与引当金

②修繕引当金

③退職給付金

などがあり、貸借対照表の負債の部に計上されます。