少額訴訟について(AP会員様では、現在 未サポートです。)

売掛金を回収する法的な手段の一つとして”少額訴訟”があります。
AP会員様がご利用可能な”APサービスを通しての請求書再発行 代行サービス”により、ほとんどの企業様からの売掛金の
高回収率が期待できますが、中には入金がなく悪質な企業と判断せざるをおえない場合もあります。
このようなとき、支払督促や内容証明郵便を使っての売掛金回収の督促を行うことが多くありますが、それでも入金が滞る場合
、以下の、”少額訴訟”に踏み切る場合があります。
少額訴訟は、少額(60万円以下)な金銭の支払いに対して行われる訴訟で、スピーディーな結審を目的に設けられた制度です。

少額訴訟には、以下の特徴があります。

①60万円以下の金銭の支払いの請求のときに利用。

②裁判は簡易裁判所で実施。

③1回の審理で両者の口頭弁論を行う。

④当日のうちに判決。(または、和解成立)

⑤手続きも簡単。(ただし、一回での結審の為、審理の日までの必要な証拠を準備することが必要)

⑥費用が通常訴訟に比べ低額(訴訟額に応じ、数千円程度)

これらにより、非常に簡単に売上金回収方法として法的な手段をとることが出来ますが、以下の場合に通常訴訟に移行する場合 もあるため、売掛金を回収できる十分な準備、調査の上実施する必要があります。
(APサービスは、現在、少額訴訟による売掛金回収代行は、未サポートです。)

少額訴訟-60万円以下の金銭の支払に関する訴訟です