売掛金と未収金の違い

「売掛金」と「未収金」は、相手方より代金を回収していないということから言えば同じ「未収」状

態(債権)であることに変わりありません。しかし、商品や製品を販売するなどの営業取引による未

収代金であるのか、固定資産の売却など営業取引以外による未収代金であるかにより以下のように勘

定科目としての扱いが異なります。

売掛金・・・本来の営業活動(商品の販売、サービスの提供)を行ったことにより生じる収益の未回

収分のことを売掛金(手形での債権の場合は、受取手形)として処理します。

未収金・・・本来の営業活動以外で生じた(土地や機械などの売却)を行ったことによる収益の未回

収分のことを未収金として処理します。

売掛金と未収金の違い

少ない売掛金や未収金の場合でも、多くの回収が残ってしまいますと金額も膨らみ資金繰りが悪化し

ます。少ない売掛金・未収金も確実に回収したいものです。

売掛金や未収金の額が少ないと、司法書士などの専門家に相談する場合の費用負担を考えると躊躇す

る場合が少なからずあります。

月額固定の低価格で、売掛金や未収金の高回収率を誇るAPサービスを是非ご検討ください!