法人相手の少額ネット掛売販売の再請求業務に有効活用できます

現金の流れを滞らせないための施策として

少額のBtoB掛け取引の危険

ネットショップを立ち上げたり、ネットサービスで起業したばかりは、誰もが売り上げ確保のための販路を広げることに工数を集中する時期でもあります。想定外では済まされない

現金取引やクレジットカード決済中心の個人相手の販売に絞るなら、売り上げと現金化は直結していますので現金の流れは安心しておけますが、取引相手が不特定多数の個人であるが故の不安定さがあります。

継続した取引を求めて販路を拡大していく中で、法人相手に取引(BtoB)に進みます。

取り扱う商品にもよりますが、起業したばかりのECショップや取引では、BtoB取引であっても、取引当初は、少額取引な掛け取引が中心となります。

このとき、少額な取引でもまずは売り上げを伸ばそうと、受注から販売までの取引サイクルをショートカットしてしまいがちで、取引相手の信用調査も疎かになりやすく、入金の確認がないままに次の契約へと進んでいきます。

この状態が続くと、売り上げは上がっているにも関わらず、現金がないという状況へ陥ってしまい、最悪事業をあきらめざるを得ない状態にもなりかねません。

新規取引や少額売掛金の支払い優先順位は低い

起業したばかりの企業との新規取引や、少額売掛金の支払い優先順位は、取引先相手企業にとっての、支払い優先順位は低く扱われると考えるべきです。

少なくとも相手企業との信頼関係ができ安定した取引となるまでは、この点を考えておく必要があります。

売り上げが上がっても、現金流れのチェックは必要ですし、突然の支払い遅延があった場合の動きも想定しておくべきです。

この様な状況でAPサービスは、力を発揮します

BtoB取引を開始するにあたって、現金の流れが悪循環に陥ってから、工数が不足していたからできなかったと悔やんでも、後の祭りです。

  • 取引先企業の信用調査
  • 売掛金の支払い延滞があった場合の作業工数の想定

APサービスはこのような問題を抱える起業したばかりの事業者や中小零細企業が、手軽に使えるサービスとして必要最小限の条件を切り出し格安のアウトソーシングサービスを提供しています。

APサービス サービス内容

以下のサービスを、初期費用15,000円 月額料金3,000円の低価格でご利用頂けます。

料金 備考
簡易調査(新規取引先・既存取引先) 件数に限りなく無料 簡易調査ではその企業の実態調査や謄本調査、apデータベース検索、その他のデータベース検索を元にご報告致します。
請求書の再発行業務代行 1件1,000円(税抜) 通常の請求書の発行代行ではございません。支払い期日を経過したにも関請求書発行
わらず、代金が振り込まれていない案件の請求書の再発行業務を請け負います。独自のノウハウで培った請求書を送付し、回収効率を高めます。(※1)(※2)
上記には封筒代、郵便代を含みます。未払い時は無料、支払い時は遅延企業側負担となります。
AP会員情報の連絡 無料 会員企業には有益な情報など入り次第都度メール配信をさせて頂きます

遅延情報・滞納情報をはじめ、会員に有益な情報を収集して、配信致します。

(※1)apサービスの請求書を通すことで、回収率を高める効果が見込めます。「法的手続き」などを利用せずに実質無料で請求書の発行を行います。

(※2)請求書の発行元は依頼した会員企業名となります。また入金口座も会員企業の指定振込先となります。発送を請負うサービスとなりますので、債券の譲受・督促業務は行いません。

わずかな月額料金で使えるサービスです。支払い遅延に直面した際に、悪循環を増幅しない為にも、APサービスのご利用をお勧め致します。

先の経営リスクを想定しながら、新しいサービスも取り込んでいくことが大切です。

ご利用をお待ちしています。

お問合せは問合せフォームより、お申込みはお申込みフォームよりお願い致します。

新しいオールをてにいれろ