フィンテックの浸透

最近、フィンテックという単語を聞く機会が多くなってきました。

フィンテックとは、ファイナンス(Finance)+テクノロジー(Technology)の造語で、1980年代に急速に広がり、今では当たり前となった、インターネットによる情報のグローバル化を金融システムに応用した技術です。

国や銀行が管理していた法定通貨から仮想通貨利用への移行をはじめ、企業の契約方法と正当性の担保、株式からトークン(独自通貨)発行による資金調達方法など、ブロックチェーン技術を利用した新しいテクノロジーで大きく変化しようとしています。

インターネットが世界中に爆発的に広がりいつのまにか情報のグローバル化が当たり前となったように、現在は、フィンテックによる金融システムのグローバル化のタイミングです。

銀行に個人や法人が口座持つことが当たり前ではなくなり、株を発行しての資金調達の在り方も大きく変わろうとしています。

いまが成長のチャンスです

参考リンク

ブロックチェーン×金融の国内外の最新動向【2017年7月版】 :The Finance

みずほFG社長、ブロックチェーン「金融機関の戦略変える潜在力」 : 日本経済新聞

ブロックチェーンでコスト削減、必要なのは「業務をシンプルにすること」 (1/2) : ITmedia NEWS

情報を収集しましょう。

Watson Analyticsを財務経理の売掛金回収に活かす youtubeより共有